申請のポイント

 

 

 

1.登録申請書・履歴書・業務従事歴について

 

 

 

推薦書

 

 

推薦書は勤務施設の医師及び他院でも、日本リウマチ財団登録医もしくは日本リウマチ学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医の資格を有する医師であれば構いません。
また、推薦を得ることが難しい場合には理由書をご提出ください。総合的に判断いたします。

 

  ● 医師の推薦が得られない場合の理由書

 

 

 

教員

 

 

 

 

2.指導患者名簿、指導記録について

 

 

 

 

患者番号

 

 

リウマチ性疾患薬学的管理指導患者名簿・リウマチ性疾患薬学的管理指導記録の患者番号は申請者による便宜的な任意の番号で記載するようにしてください。

 

※病院、診療所等において使用しているカルテ番号(患者番号)は記載しないでください。

 

詳しくは、記載例を参考にしてください。

 

 

指導患者の重複


 

病院・診療所・保険薬局等の患者数、申請者の勤務形態等の事情で、指導患者名が重複することは致し方ありませんが、申請者個々人の知識、経験により、作成されるリウマチ性疾患薬学的管理指導患者名簿・リウマチ性疾患薬学的管理指導記録であることから、内容が重複することはありません。

 

 

リウマチ性疾患薬学的管理指導患者名簿・リウマチ性疾患薬学的管理指導記録の記載

 

保険薬局勤務者にあたっては、調剤録並びに薬剤服用歴等に則って記載。
病院勤務者においては、外来は薬剤情報提供料算定時の記録、入院は薬剤管理指導料算定の際の記録等に則り記載してください。

 

受講記録(教育研修単位取得証明書一覧表)
 

教育研修単位取得証明書一覧表の裏面に教育研修会単位取得証明書(原本)をのり付けしてください。

 

教育研修会の中止・延期により「必要単位」が不足の場合は、COVID-19終息後に不足単位を取得することを条件として申請書を受理し、必要単位以外の資格要件についての書類審査を実施します。COVID-19が終息後に不足単位を取得し、単位取得証明書を提出することにより遡って対応します。

現在までに取得した単位取得証明書の内容を記入し、欄外(合計単位近くの余白)に不足単位数をお書きください。

(例:5単位不足)

 

 

 

 

 

教員