乾癬性関節炎

1.乾癬性関節炎とは?(定義)
2.この病気の患者さんはどのくらいいるのですか?(疫学・頻度)
3.この病気はどのような人に多いのですか?(男女比・発症年齢)
4.この病気の原因はわかっているのですか?(病因)
5.この病気は遺伝するのですか?(遺伝)
6. この病気ではどのような症状がおきますか?(症状)
7.この病気にはどのような治療法がありますか?(治療)
8.この病気はどういう経過をたどるのですか?(予後)
9.よく聞かれる質問とこたえ(FAQ)



1.乾癬性関節炎とは?(定義)
  乾癬性関節炎または関節症性乾癬とは、皮膚の病気である乾癬に、腫れと痛みを伴う関節炎を合併する病気です。一般にリウマトイド因子陰性です。血清反応陰性脊椎関節炎という疾患群の中に含まれます。


戻る


2.この病気の患者さんはどのくらいいるのですか?(疫学・頻度)
 

この病気は、人種により発生頻度は多少異なりますが、全人種に見られます。発生頻度は、やや欧米の白人系に高い傾向が報告されています。正確な発生頻度は明らかでありませんが、日本では皮膚疾患である乾癬患者さんの1%くらい、欧米では乾癬患者さんの約7%といわれています。





3.この病気はどのような人に多いのですか?(男女比・発症年齢)
 

この病気の好発年齢は25~30歳で発症はゆっくりです。男女比は、ほぼ1:1で性差はありません。



戻る



4.この病気の原因はわかっているのですか?(病因)
 

この病気の原因は不明ですが、炎症の病気で免疫の異常によっておこると考えられます。





5.この病気は遺伝するのですか?(遺伝)
 

家族性発症が多いことから、何らかの遺伝的素因があるものと思われています。HLA検査でHLA-CW6、HLA-B38、B39、B16などがこの病気と関連があるといわれています。また手指などの関節炎の強いタイプではB27、DR4などが関連しているといわれています。

 

戻る


6.この病気はどのような症状がおきますか?(症状)
 

皮膚疾患である乾癬が先行することが多いとされています。その後、関節炎、指炎、付着部炎、腱鞘炎、脊椎炎など関節症状がでてきます。その他爪の変形、眼症状(ブドウ膜炎や結膜炎)などもみられることがあります。症状の特徴から5のタイプに分類されます。手指の先端の関節(DIP関節)が主に侵される関節炎型、関節の破壊の強いムチランス型、対称性多関節炎型、少数の関節のみが侵される寡関節型、および強直性脊椎炎型があります。




7.この病気にはどのような治療法がありますか?(治療)
 

関節炎の治療は、炎症と痛みに対し痛み止め(非ステロイド抗炎症薬)を用います。抗リウマチ薬も用いられ、特にメトトレキサートは関節炎と皮疹に効果的であるともいわれています。最近腫瘍壊死因子(TNF)の阻害薬であるインフリキシマブ(商品名レミケード)とアダリムマブ(商品名ヒュミラ)が保険適応となりました。これらの製剤で、多くの患者様で関節症状はもちろん皮疹にも今までにない画期的な効果がみられます。感染症などの副作用が問題となることがありますので使用する場合は専門医にご相談するべきです。

 

戻る


8.この病気はどのような経過をたどるのですか?(予後)
 

関節リウマチとほぼ同じ様な関節炎を中心とするものは、徐々に関節の破壊が生じ変形が進行します。脊椎強直を来すタイプでは、脊椎が固まると多くの場合痛みは消失しますが、首や腰の動きは制限されます。関節の変化は徐々に進行しますが、通常生命予後には変化はありません。しかし先述のTNF阻害薬の使用によって、関節の破壊や脊椎病変の進行を抑え、関節変形や脊椎強直などを防止できます。副作用として重症感染症をおこすと生命に危険な場合もありますが、専門医の管理の下できちんと治療を受けていれば通常は大丈夫です。




9.よく聞かれる質問とこたえ(FAQ)
  Q1: 皮膚の症状と関節炎の進行と関連がありますか?
  A1: 直接的な関連はありません。皮膚症状のあるものの約4%くらいしか関節炎は合併しません。
  Q2: 関節が壊れた時には人工関節などをすることができますか?
  A2: 関節病変は滑膜炎によるものですので関節リウマチと同じく人工関節手術などが可能です。しかし皮膚の炎症があるため細心の注意が必要です。

戻る

【情報更新日】平成22年12月10日


トップへ