(公財)日本リウマチ財団リウマチ登録薬剤師制度が発足


 ■平成28年度新規申請




<制度の目的>
リウマチ性疾患の薬物療法に精通した薬剤師を育成し、リウマチ財団登録医、リウマチケア看護師等と連携・協働して、リウマチ性疾患にかかる医療技術の進歩、医療水準の向上を図り、よりよい医療を提供するため、リウマチ財団登録薬剤師制度が発足しました。

■リウマチ財団登録薬剤師規則・細則・経過措置
  規則
  細則
  経過措置
   カリキュラム


                   

<リウマチ財団登録薬剤師の資格>


1.医療機関、保険薬局において、リウマチ性疾患の薬学的管理指導に従事している薬剤師

直近5年間において、通算3年以上リウマチ性疾患の薬学的管理指導に従事して いる薬剤師であって、次の要件を満たす者
 

リウマチ性疾患の薬学的管理指導患者名簿20例(抗リウマチ薬の調剤3例以上を含む)

 

の薬学的管理指導患者名簿のうち、10例の薬学的管理指導記録(抗リウマチ薬の調剤3例以上を含む)

 

財団が主催、又は認定する教育研修会で20単位以上取得

  次の場合、単位に充当可能
 

リウマチ財団登録医、リウマチケア看護師、リウマチ財団登録薬剤師が講師である院内研修  8単位まで

リウマチ性疾患の治験参加   1回 のみ 10単位

災害時リウマチ患者支援事業(実地訓練含む)参加 1回 のみ 5単位

リウマチ性疾患の医療薬学に関する学術論文
筆頭者   5単位     共同研究者 3単位

財団主催、又は認定した教育研修会、研修会で発表
筆頭者   3単位     共同研究者 2単位

 

  ※平成28年9月30日までは過渡的期間として、20単位以上の取得に替えて、財団主催、認定の教育研修会、その他リウマチ性疾患に関わる研修会参加(発表)が3回あればよい。
受講証、出張命令、復命書、出席者名簿など参加を証明できる資料を有すること。
  また、治験参加、災害発生時のリウマチ性疾患患者の薬学的管理指導に従事した場合(実地訓練を含む)は、研修会に1回参加したものとして扱う(要証明)。
   
 

<更新登録>

リウマチ財団登録薬剤師であって
  1.直近5年間にリウマチ性疾患の薬学的管理指導の従事歴があり、リウマチ性疾患の薬学的管理指導患者名簿15例(抗リウマチ薬の調剤3例以上を含む)以上を有する者で、次のいずれかに該当
 

教育研修単位12単位以上取得者
直近5年間のリウマチ性疾患の薬学的管理指導患者名簿(抗リウマチ薬の調剤3例以上を含む)中、5例以上の薬学的管理指導記録(抗リウマチ薬の調剤3例以上を含む)

 

教育研修単位6単位以上12単位未満取得者
直近5年間のリウマチ性疾患の薬学的管理指導患者名簿(抗リウマチ薬の調剤3例以上を含む)中、10例以上の薬学的管理指導記録(抗リウマチ薬の調剤3例以上を含む)

 

次の場合、単位に充当可能

   

リウマチ財団登録医、リウマチケア看護師、リウマチ財団登録薬剤師が講師である院内研修  6単位まで

リウマチ性疾患の治験参加   1回 のみ 6単位

災害時リウマチ患者支援事業(実地訓練含む)参加  1回 のみ 3単位

リウマチ性疾患の医療薬学に関する学術論文
筆頭者   5単位     共同研究者 3単位

財団主催、又は認定した教育研修会、研修会で発表
筆頭者   3単位     共同研究者 2単位

   
 

2.直近5年間にリウマチ性疾患服薬指導等の薬剤業務従事歴はないが、将来従事する意思がある者

 

    直近5年間に教育研修単位 20単位以上を取得する必要

  次の場合、単位に充当可能
   

リウマチ財団登録医、リウマチケア看護師、リウマチ財団登録薬剤師が講師である院内研修  6単位まで

リウマチ性疾患の治験参加   1回 のみ 6単位

災害時リウマチ患者支援事業(実地訓練含む)参加  1回 のみ 3単位

リウマチ性疾患の医療薬学に関する学術論文
筆頭者   5単位     共同研究者 3単位

財団主催、又は認定した教育研修会、研修会で発表
筆頭者   3単位     共同研究者 2単位


   


2.薬剤師の資格をもつ薬学・医学系教育機関の教員

直近5年間において、次の各号の要件を満たす者

 
 

引続き3年間のリウマチ性疾患の医療薬学に関する講義、セミナー、演習、医療薬学実習等の指導時間数の合計単位(学校教育による履修単位)5単位

  財団が主催、又は認定する教育研修会に出席し、20単位以上取得
  次の場合、単位に充当可能
   

リウマチ財団登録医、リウマチケア看護師、リウマチ財団登録薬剤師が講師である院内研修  8単位まで

災害時リウマチ患者支援事業(実地訓練含む)参加  1回 のみ 5単位

リウマチ性疾患の医療薬学に関する学術論文
筆頭者   5単位     共同研究者 3単位

財団主催、又は認定した教育研修会、研修会で発表
筆頭者   3単位     共同研究者 2単位

   
  ※平成28年9月30日までは過渡的期間として、20単位以上の取得に替えて、財団主催、認定の教育研修会、その他リウマチ性疾患に関わる研修会参加(発表)が3回あればよい。
受講証、出張命令、復命書、出席者名簿など参加を証明できる資料を有すること。
 

また、災害発生時のリウマチ性疾患患者の薬学的管理指導に従事した場合(実地訓練を含む)は、研修会に1回参加したものとして扱う(要証明)

 

<更新登録>

 

引き続き5年間の講義、セミナー、演習、医療薬学実習等の合計単位(学校教育による履修単位)3単位取得

 

教育研修単位 12単位以上取得

 

次の場合、単位に充当可能

   

リウマチ財団登録医、リウマチケア看護師、リウマチ財団登録薬剤師が講師である院内研修  単位まで

災害時リウマチ患者支援事業(実地訓練含む)参加  1回 のみ 3単位

リウマチ性疾患の医療薬学に関する学術論文
筆頭者   5単位     共同研究者 3単位

財団主催、又は認定した教育研修会、研修会で発表
筆頭者   3単位     共同研究者 2単位